ホーム  »  健康一番  »  美容クリップ
夏のスキンケア

3紫外線の量

日焼けを起こす紫外線の量は、1年のうちでは、5月が1番多く、7月・8月と順に続きます。6月は曇りや雨の日が多いので、紫外線の量は少なくなりますが、晴れると太陽の位置が一番高い時期(夏至)だけに、浴びる紫外線は強烈です。
また、1日のうちで午前10時〜午後3時の間が紫外線の量が最も多く、15分間で朝や夕方の3時間分にも匹敵するといわれています。

【日焼けをするコツは?】

いつまでも美しい素肌を保つためにも、有害光線である紫外線はなるべく避けたいところ。とはいえ、夏の季節はそうも言っていられません。サンサンと輝く太陽の下でのバカンスは、夏の最大の楽しみでもあります。
ですからUV化粧品を上手に使って、思う存分夏を楽しみましょう!

美容クリップ一覧へ 健康一番トップへ