ホーム  »  健康一番  »  美容クリップ
もはや現代病!?大人ニキビを徹底検証

3大人ニキビを救う お手入れのポイント!

大人ニキビが気になるからといって、必要以上に力を入れてゴシゴシと洗顔をする人がいますが、それでは逆に角質層を厚くしたり、うるおい成分を落とすなどの悪影響が心配です。洗顔からメイクまでのステップを見直しましょう。

【洗顔からメイクまで】

●過剰なクレンジング&洗顔は逆効果
洗顔はメイクをしていたら必ずクレンジングを。
洗いすぎると刺激により角質が固くなり、かえって毛穴が詰まってニキビの原因にもなるので、肌触りのよいジェルやクリームの洗い流せるタイプでやさしく洗いましょう。その後は、朝も夜も同様に、洗顔料でふわふわの泡をたっぷりつくり、包み込むように洗いましょう。

●洗顔後はすぐに保湿を
大人ニキビに乾燥は禁物。年齢とともに少なくなるセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分は、化粧水や乳液、クリームなどでたっぷり補いましょう。肌がうるおうと角質層が柔らかくなり、毛穴も詰まりにくくなります。
また、いま注目されているのが、カンゾウフラボノイド。甘草由来の薬用成分で、抗炎症作用があり、ニキビだけでなく肌あれや湿疹にも有効です。

●紫外線対策も忘れずに
年間を通して、紫外線も油断してはいけません。紫外線を浴びると活性酸素が発生し、毛穴の皮脂が酸化するためにニキビが悪化し、ニキビ跡の原因になります。
サンスクリーンは、日常生活ならSPF15、レジャーのときはSPF30あれば十分です。

●油分の多い化粧品は控えて
リキッドタイプのファンデーションは避け、ルースパウダー(粉おしろい)やパウダーファンデーションがオススメです。

美容クリップ一覧へ 健康一番トップへ