ホーム  »  健康一番  »  美容クリップ
日焼けとシミ・シワの関係

2急な日焼けは「やけど」と同じ

日焼けの急性期

日焼けをするとどうなるのでしょう?
紫外線のUV-Bによって活性酸素が生じ、炎症を起こします。毛細血管からは水分が漏出し、水疱が形成されます。やけどと同じ状態になるのです。
また、UV-Aによってメラノサイトが活発化し、メラニンが速やかに放出されます(第一段階の黒化)。

【お手入れのポイント】

  • やけどと同様の状態ですので、患部を水などで冷やします。できるだけ刺激を与えないようにしましょう
  • 症状が一段落ついた時点で、ローション等で保湿します
  • 皮膚の損傷を抑えるために、内からはビタミンCやビタミンBなどの補給を心がけましょう
  • 日焼けの範囲が広く程度がひどい場合、脱水症状を起こすことがあります。十分に水分をとりましょう
  • 次回からは日焼けをしないように気をつけましょう。サンスクリーン剤(日焼け止め)を上手に使って、紫外線を防ぎます
美容クリップ一覧へ 健康一番トップへ