ホーム  »  健康一番  »  美容クリップ
美しい髪を保つために

4抜け毛の原因はさまざま

【ストレス】

ストレスを感じると交感神経のはたらきにより、末梢の血管が収縮して血流が悪くなります。すると毛母細胞のはたらきが低下して新しい髪をつくる機能も鈍くなります。

【ダイエット】

約10万個の毛母細胞が、血液からたんぱく質などさまざまな栄養を取り込んで毎日髪をつくっています。栄養の供給が足りないと髪は育ちません。亜鉛などの微量ミネラルも育毛に関係しており、不足すると脱毛の原因になることがあります。

【女性ホルモンのバランス】

髪は女性ホルモンのはたらきによって成長します。出産後や更年期に女性ホルモンのバランスが崩れると、抜け毛が多くなります。

【余分な皮脂やふけ】

皮脂やふけがたくさん頭皮にたまると毛穴がつまります。かゆみが原因で頭皮をひっかく→頭皮に傷がつく→炎症とつながり、毛根がダメージを受けてしまいます。

また、老化にともなって髪をつくり育てる力も弱くなるため、髪は細くなります。同じ本数でも、1本1本が細いと頭皮が透けて見えてしまうのです。
男性の場合は、17〜20歳頃の髪が最も「はり」があって元気ですが、25歳を過ぎる頃から徐々に細くなる傾向があります。女性はやや遅く、25歳頃に最盛期を迎え30歳前後から細くなり始めます。

美容クリップ一覧へ 健康一番トップへ