ホーム  »  セラミド スペシャルページ

人気TV番組でも紹介された 今注目の“セラミド”を学ぼう!!

セラミドはヒトの皮膚表面の3大保湿因子のひとつで、角質層にある「細胞間脂質」といわれる保湿成分です。本来は自分自身の肌細胞が作り出して、水分をしっかり抱え込み、うるおいのバリアを作ります。ところが、普段から洗浄力の強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシこするなどの刺激を与えると、セラミドの生成が不十分になり、乾燥しやすい敏感な肌になってしまいます。


3大保湿因子(皮脂・NMF・細胞間脂質)、セラミドが不足すると… 健常肌とカサカサ肌

皮膚の乾燥だけでなく、シミやしわの予防、アンチエイジングなどの美容効果でも注目されるセラミドですが、そのセラミドを保湿剤として配合した化粧品が数多く製品化されています。しかし、使われているセラミドの原料によって、成分表示の名称が異なり、効果にも多少、違いがあるようです。現在、大きく分けて4種類のセラミドがあります。


1、天然セラミド(ビオセラミド、セレブロシド)
                    2、植物性セラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質、等)
                    3、バイオセラミド・天然型セラミド(セラミド3、発酵セラミド、等)
                    4、合成擬似セラミド(ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルへキサデカナミド、等)

この4種類のセラミドの中でも天然セラミドは一番ヒトのセラミドに性質が近く、保湿力およびヒトの皮膚との親和性に優れているといわれています。また、天然セラミドは肌細胞での自分自身のセラミド生成を促進することが知られています。

人気TV番組で「セラミド配合の敏感肌用クリーム」の有用性が紹介され、ドラッグストアの店頭では同種の製品がよく売れているそうですが、できれば、天然セラミドを配合し、低刺激性に関しても「界面活性剤無配合」の、より低刺激性にこだわった製品をお選びになることをおすすめします。 全薬工業の製品では、これらのブランドに天然セラミドが配合されています。