「安全」、「安心」の製品創り/製造・品質管理部門

自分が製造したものがお客様に届く喜び/2009年入社 / ビジネス情報学部 卒業

「安全」、「安心」の製品創り/製造・品質管理部門/自分が製造したものがお客様に届く喜び/2009年入社 / ビジネス情報学部 卒業

製品ができる最終段階であり、重要な工程。安全で高品質な製品を創り、お客様の元へお送りします。

01どんな仕事を
しているのですか?

栃木工場には、お客様の手元に届く医薬品や化粧品を製造する製造部と、出荷される製品の安全性・有効性を確認する品質管理部があります。私が所属する製造部固形剤課は、顆粒剤や錠剤の製造を行っており、その中で私は原料を混ぜ合わせる「造粒工程」を担当しています。安全で高品質な製造を行うための製造手順書の作成、さらに業務の効率化を図るための改善や新規機械の導入、新たな製造技術の検討なども行っています。

02栃木工場は
どんな雰囲気ですか?

栃木工場は那珂川のほとりの自然林が広がる場所にあり、その美しい環境から別名「公園工場」とも呼ばれています。豊かな自然の近くで日々過ごしているからか、みんなとても明るくて元気です。仕事熱心で、メンバー全員が当事者意識・問題意識を持って取り組んでいます。仕事が終わった後にみんなで食事に行ったり普段からコミュニケーションを取ったりと、何かあった時にも話しやすい雰囲気ができていると思います。

03何か心がけていることは
ありますか?

現在ライン責任者として複数の課員をまとめる立場にあり、製造室でのメンバー配置も仕事の一つです。限られた人員で安全かつ効率的に業務を進めるために、各メンバーの適性を考慮して配置しています。実は学生時代に陸上部に所属し、全員で「箱根駅伝出場」を目指しておりました。その時学んだ周囲との関係の築き方や声掛けなどの助け合い、チームワーク作りはさまざまな業務に役立っています。

04入社してよかったと
思うことはありますか?

実際に私が作った製品を服用した知人や友人からの「体調がよくなったよ」というひと言、この言葉を聞くたびに人々の健康に貢献していることを実感し、この仕事はお客様に最も近い業務なのだと感じます。また個人的には昨年子どもが生まれて父親となり、家では育児もしっかり行っています。そうしたプライベートの時間も尊重してくれる社風も全薬工業のよさの一つではないでしょうか。

05今も走っているのですか?

はい、卒業後も続けています。距離は短いものからフルマラソンまでさまざまですが、年に10〜15回は大会に出場しています。普段は週に4日くらい10〜20kmを練習で走っています。夜、子どもを寝かしつけてから走りに行くこともありますね。マラソンをしていると若い方から年配の方まで幅広い年代の方と知り合えるので、そういった点でも楽しいですし自身の成長の糧にもなっていると思います。製薬会社というとインドアなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、周囲にもスポーツをしている社員は多いですよ。

栃木工場のとある一日
8:30|ミーティング

業務開始前に課内ミーティングを行い、連絡事項を共有。

8:40|生産開始

製造ラインでの注意事項、人員配置をメンバーに伝えて生産開始。

12:20|昼食

食堂にて昼食。昼食後は製造室に戻り、午後の業務開始。

17:30|退社

家では洗濯や掃除を担当。子どもが寝た後、ランニングへ。

上司から一言!
工場発の新製品開発や製造方法の改善など、新たな取り組みにも積極的にチャレンジし、多くの経験を積んでいます。課長の業務補佐として課内全体を見回しており、周囲からも頼られる存在です。今後も課員の士気を高め、リーダーとして組織を引っ張ってください。
採用担当者より

「安全な製品を万全な体制で市場に送り出す」という使命を持った工場社員。特に責任感が求められる仕事です。マラソンに限らず、一人ひとりが様々な趣味を通じて、プライベートでリフレッシュしながら日々の業務に取り組んでいます。自分の趣味を持っている社員が多く、仕事とプライベートの切り替えが上手いことも全薬社員の特徴かもしれません。