先端医療の一翼として/MR部門

医師や薬剤師の悩みも一緒に共有したい/2010年入社 / 薬学研究科 修了 薬剤師

先端医療の一翼として/MR部門/医師や薬剤師の悩みも一緒に共有したい/2010年入社 / 薬学研究科 修了 薬剤師

医薬品の適正な使用と普及のために、情報を収集・提供。高度な知識と対話力で医療関係者との信頼関係を築きます。

01どんな仕事を
しているのですか?

製品の取り扱いがある病院を訪問し、医療従事者へ適正使用や安全性に関する情報や最新の学術情報を提供します。医師から、「このような患者様に使用を検討しているのだけれど…」といった相談を受けることも多く、入り組んだ診療ニーズへの充足を心掛けた提案も行います。一対一の面会形式でディスカッションする場合がほとんどですが、効能が追加された際などにはセミナー形式の勉強会を開くなど柔軟な対応が求められます。

02出張は多いですか?

基本的に全薬工業のMRは営業所を拠点に活動していますが、営業所のないエリアでは私のように出張体制を取っています。新入社員はまず営業所のあるエリアに配属され、上司や先輩の仕事を直接見て学べる環境で経験を積むことが一般的です。私も3年前までは東日本エリアに所属しており、出張はほとんどありませんでした。今は営業所のない広島県内の病院を担当し、いつも単独で活動していますが、相談や報告は電話やメールでいつでもできますので不便はありません。月に2回東京で定例会議があり、その際に他のMRと情報交換をしています。

03どんな時にやりがいを
感じますか?

実地診療の近くに活動の場があることにやりがいを感じます。そのため、些細な事でも共有できるパートナーであるべく、その現場においてどのようなMR像が求められているかを日々考えています。また、活動領域が「がん・免疫」に関連する難病が多く、そのような中で悩みを共有し合えることは一定の信頼と同時に強い責任感を覚えます。その分、自身の活動が診療の支えとなり、患者様がよくなったという報告を受けた時は大変嬉しく、一層頑張ろうと思えます。

04成長を感じることは
ありますか?

自分でも対話力の向上は実感します。情報があってもそれを伝える力がなければMRは務まらないので、いちばん大切な要素かと。医薬品の有効性が示唆される一つひとつの疾患に関して網羅的に勉強しておかなければならず大変ですが、知識が増えることが話す自信につながっています。全薬工業では新入社員でも大きな基幹病院を担当するので、学ぶことや求められることも多く、知識と経験の両方の面で早く成長できる環境だと思います。

05社会人になって
始めたことはありますか?

休日は基本的にゆっくりしていることも多いですが、月に1回くらいの頻度で社内の仲間や社外の同業種の方々との勉強会に参加しています。もちろん仕事のためというのもありますが、どちらかというと趣味の延長のような感じです。10人ほどの小規模な会ですが、大学の教授や研究者を招いてアカデミアサイドからの最近の研究の動向や専門知識を学んでいます。知識はあればあるだけMRの力になりますから、普段からどんなことにも関心を持つようにしています。

MRのとある一日
MRのとある一日
9:00|卸訪問

納入状況などの情報交換のため、朝一番で卸業者を訪問することも。

10:00|内務

メールチェック、疾患・薬剤に関する勉強など。

12:30|病院訪問

今日は3件訪問。患者状況の確認や学術情報の提供を行います。

18:00|ホテルへ戻る

病院で聞かれた案件の調査、対応検討後、報告書を作成したら業務終了。

上司から一言!
取引先からの依頼に対してしっかり準備し、わかりやすく対応してくれています。相手の立場に合わせてしっかり伝わるように工夫する姿勢には感心しています。将来的には、潜在ニーズを掘り出し、当部門の中核的な存在になれるよう頑張ってもらいたいです。
採用担当者より

全薬工業のMRは、専門領域に特化した学術的な情報提供を目指しています。病気と薬に関する情報を理解するだけではなく、その情報を正しく伝えることができるコミュニケーション力も求められます。