先を見据えて支える/内務部門

視野を拡げ自ら仕事を見つける/2004年入社 経済学部 卒業

先を見据えて支える/内務部門/視野を拡げ自ら仕事を見つける/2004年入社 経済学部 卒業

いま何をすると効果的か、あらゆる角度から企画検討。戦略を策定し、営業社員の活躍をフレキシブルにサポートします。

01どんな仕事を
しているのですか?

内部からの営業サポートが部の主な業務です。なかでも私が担当する営業企画では営業戦略の策定、販促企画の検討、そのためのデータ分析や資料の作成などを行っています。また、営業からの依頼や上司からの指示への対応、さらには自主的に立てた企画などその都度やるべきことを考え、フレキシブルに進めます。個人で動くこともあれば、各部門のメンバーから成るプロジェクトチームの一員としてブランド戦略の策定にも携わっています。

02どんな時にやりがいを
感じますか?

立てた企画が売上アップに貢献できた時です。営業企画である以上、やはり数字は気になります。営業担当者から「ある商品を育成したいのだけど」といった依頼があると、市場調査や消費者アンケートなどのデータをまとめて販売のストーリーを作り上げます。その企画が販売店様に採用されると、取り組みが強化され、大きなスペースで展開するなど積極的にプロモーションしてもらえます。そうした中で売上につながったという現場の声を聞いた時は嬉しいですし、やりがいを感じます。

03他部門も
経験されたそうですが

営業企画へ配属される前の10年間は九州・沖縄でOTC-MR職に就いており、会社から営業成績を評価されたことが仕事に対する励みとなっておりました。その頃自然に身についた取引先やエンドユーザー(消費者)の視点に立った現場発想の考え方は、今の業務を進める上で活きていると思います。内務部門はどうしても現場の状況がわかりづらく、ついメーカー発想になりがちですから。今後もより視野を拡げ、将来はリーダーとしてチームを任されるような存在になっていきたいです。

04何か心がけていることは
ありますか?

営業本部の窓口となる部署でもあり、開発などの他部署と連携を図りながら進める業務も多いため、関わるすべての人に物事を正確に伝えるように心がけています。部門内に関しても同様で、きちんと連携が図れるよう、するべき情報の共有は気を付けて行うようにしています。また通常はデスクワークがメインなのですが、営業活動を支援するにあたって目で見て肌で感じることも大切だろうと、もっと外へ出て行って情報に触れていこうと考えています。

05ライフスタイルで大切に
していることは何ですか?

家族の幸せです。会社の仲間や社外の友人と食事に行ったりもしますが、仕事以外はほぼ家族中心の生活。ささやかなことですが、妻と2人の子どもたちと食卓を囲んでいる時間が何よりも好きです。息子が地域のサッカーチームに入っているので、休日は練習に参加したり、試合の応援に行ったり。休日は妻にも休んでもらいたいので、家事も多少はできるようになりました。仕事面での成長だけでなく、人として父親として成長できる時間を持てているという点でも会社には感謝しています。

営業企画のとある一日
8:30|確認と企画立案

メールや日報の確認をしたら仕事モード突入!データを見ながら企画を検討。

13:00|打ち合わせ

愛妻弁当で元気をチャージした後は、プロジェクトメンバーと意見交換。

15:15|資料作成

打ち合わせや検討した内容をもとに、プレゼン用の資料をまとめます。

アフター5はこんな感じ
17:30|退社

上司へ業務報告をしたら、愛する家族の元へ。夫婦水入らずの晩酌が日課です。

上司から一言!
仕事熱心で部内でも一目置かれています。特にデータ分析に優れ、その能力を活かして戦略を立てています。部下からも頼られる存在なので、今後はリーダーとしての資質を磨き、さらなる活躍を期待します。
採用担当者より

企業活動を様々な角度からサポートをする内務部門。営業支援のほか、経理、広報、宣伝法務、SE、総務、人事などがあります。文理問わず様々なバックグラウンドを持った社員が多く活躍しています。知識ももちろん必要ですが、新たなアイデアの提案やそれを実現するための行動力が求められます。