ホーム  »  全薬工業について  »  環境保全への取り組み
全薬工業について:生活者のニーズに応えるべく、最先端の技術と研究による独創的な新薬開発に取り組んでおります。

2007年度の活動報告

環境教育の実施

私たちは、社是である「事業を通じて社会人類に貢献しなければならない」の基本理念に基づき、栃木工場のあらゆる事業活動において資源を大切にし、自然を守り、公園工場を目指して緑化の保全に努め地球環境に貢献します。

ISO14001の認証を取得しています
登録証と付属書

登録証と付属書
登録日付;2006/11/20
登録番号;JCQA-E-0766
適用規格;JIS Q 14001:2004(ISO14001:2004)
認定機関;日本化学キューエイ株式会社

ISO14001 とは?環境マネジメントシステムに関する国際規格です。環境マネジメントシステムとは、企業などが企業活動や製品を通じて環境に与える負荷をできるだけ減らすように配慮したシステムで、第三者による厳しい審査を受けることによって、ISO14001を認証取得することができます。

2009年度の活動報告

2009年度活動成果

CO2排出量の推移とCO2吸収量

栃木工場は1990年度比でCO2排出量を17%削減できました。
また栃木工場構内樹木のCO2吸収量を調査し、年間1,772t-CO2を吸収できることがわかりました。

那珂川河畔清掃活動

栃木県及び大田原市より、河川・道路の環境美化に取り組む「愛リバーとちぎ」「愛ロードとちぎ」の実施団体に認定されました。工場全従業員で協力し合い、積極的に清掃活動を行っています。

清掃活動
栃木工場周辺河川敷清掃活動風景
「愛リバーとちぎ」清掃活動風景

環境教育の実施

環境教育の実施
新入社員への教育風景

栃木工場従業員や新入社員にISO14001と3R(リデュース・リユース・リサイクル)をはじめとした環境教育を行っています。
さらに毎年6月の環境月間は「環境保全活動強調月間」として、特別なテーマを設けて活動しています。
栃木工場従業員は日常生活においても、3R、エコドライブなどに積極的に取り組んでいます。