ホーム  »  全薬工業について  »  事業領域 - スキンケア製品

スキンケア製品 皮膚病薬の開発ノウハウの応用から創り出される基礎化粧品

皮膚科学の原点から生まれた基礎化粧品

永年の創薬技術の蓄積をベースにお客様のニーズに応えた製品づくり

 全薬工業は、創業間もなく「皮膚病薬研究会」を発足させ、優れた皮膚病薬の開発とともに皮膚病治療の相談で多くのお客様の信頼を得てまいりました。こうした皮膚病薬の原点から皮膚代謝、病理、薬理を追及し、蓄積してきた技術を、肌本来が持っている美しさの実現に応用し、生みだしたのが基礎化粧品シリーズです。10代なら10代の美しさ、50代なら50代の"美"を追求することは、医薬品メーカーとしての重要な役割と考えています。

美しさを求める女性の願いに応えた"効きめ"を提供

  弱酸性の皮脂膜に覆われた皮膚本来の機能を補強するという考え方から生まれた、γ-オリザノール配合のロモコートシリーズをはじめ、保湿成分のナノ粒子化をいち早く手がけたアルージェシリーズやジュレリッチシリーズなど、定評ある基礎化粧品を世に送り出し、敏感肌市場の創出に貢献してきました。これらの製品群の全ては、効きめに裏付けられ、かつ安全性が確保されていることを大切なコンセプトとしています。

肌状態を「マイナス」から「ゼロ」、そして「プラス」に導くテクノロジー【ナノモイスチャー】効果(角質層に浸透したセラミド写真)

「化粧品等の使用上の注意」改訂のお知らせ

【改訂内容】
該当する製品の「使用上の注意」に下線部の表示を追記致します。

 1.傷やはれもの、しっしん等異常のある部位には、お使いにならないでください。
 2.お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
本品がお肌に合わないとき、即ち次のような場合には、ご使用をおやめください。そのまま使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮ふ科専門医等にご相談されることをおすすめします。
①使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
②使用したお肌に、日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

※一部、改訂対象とならない製品もございます。